受験生に送るメッセージ③「続:自信が持てないあなたに」

皆さん、こんにちは。

受験生の味方☆カヴァネスドットコム 家庭教師の内藤 睦 です。

全開のブログで、試験前に自信が持てない時、
「周りと比較するのではなく、自分の力が伸びているかどうかを見ましょう」
「 勉強に対する気持ちを強くして行動するために『合格を引き寄せる力』を持ちましょう」
というお話をしました。

前回のブログ 受験生に送るメッセージ②「自信が持てないあなたに」
https://governess-based.com/message_to_you/2020-04.html

今回は、 私の考える「合格を引き寄せる力」を3つ、お伝えします。

①勉強に向かう姿勢の強さ

最後の短い期間で驚異的に勉強量を伸ばすことはできませんが、勉強の質を高めることはできると思います。
新しい問題に取り組むよりも、これまでに解いた問題で、受験校の試験問題に近いレベルのものを復習しましょう。
そして今まで解いたことのある問題は得意分野だけでも、ほぼ完ぺきに解けるようにしましょう。
自分に自信がつくと思います。

暗記は最後の最後まで取り組みましょう。
ひょっとしたら、試験が始まる直前に覚えた用語が本番で出題されるかもしれません。
必死に見えて格好悪いかもしれませんが、
もし試験の神様がいるなら、その「受かるためなら最後までできることはやりたい」という強い気持ちを
見てくれていると思います。

②うっかりしない注意深さ

うっかりミスは恐ろしいものです。
マークシートでのマークミス、計算用紙から解答用紙への書き写しのミス。
名前を書き間違える、問題用紙最後のページの問題に気づかない、などなど…。
それがもしあれば、点数が数点から10点、最悪の場合は数十点まで変わってきます。

ふだんのテストで「あー、うっかりミスで点数下がった。本当はもう少し点数が高かった。
だから私の実力は今回のテストより高いから合格判定も上がる!」なんて楽観的に思っている人は、
本番でもそのうっかりミスを発揮しないように、注意してください。

③なんでも利用する

お守りがあれば自信になる気がする人は毎日お守りに祈りましょう。
試験前にゲン担ぎになる習慣があるなら、実行しましょう。
好きな食べ物を食べれば元気になるなら食べましょう。
こういった行動は、不安を紛らわすためにするのではなく、
「なんの力でも利用する!だからお願い、神様見守ってて!」という気持ちでやればいいのではないでしょうか。

他の人の実力は気になっても自分でどうこうすることはできません。
でも自分のコンディションを高めることはできます。
合格を引き寄せるために、今からでも自分にできることを謙虚にコツコツ続ければ、きっと効果は表れると思います。

ぜひまた読んでください。合格祈願!!

関連記事

  1. 新しい学年を前にして

  2. 自己紹介・京都(伏見・宇治)のプロ家庭教師

  3. 非日常の日常をどう過ごすか①

  4. 家庭教師ってどんなイメージですか?ハードルが高い理由を解説

  5. 受験生に送るメッセージ①「年末年始なんとなくダラダラしてしま…

  6. 私が家庭教師をする理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP